起業に失敗して莫大な借金を背負ってしまう人がやらかす最大の失敗

起業を支援する仕組みが増え、起業しやすい環境が整いつつあります。

起業に対するイメージも変わりつつあるなかで、
起業しようという人が増えているのですが、

起業に失敗して、

莫大な借金を抱えてしまったり、
サラリーマンに戻りたくても年齢が壁になって
アルバイト生活に転落してしまう人が少なくありません。

が、そういった人たちの話を聞いてみると、
起業を決断した最初の時点で間違っているわけです。

では、どのような間違いを犯してしまったのか、
起業失敗のあるあるについてお話したと思います。

起業に失敗する人は、間違いなく対個人ビジネスを選択する


まず、ビジネスには、対個人と、対法人の2種類があります。

対個人とは、一般の人に向けて商品を提供するビジネス。
対法人とは、企業向けに商品を提供するビジネス。

ですが、あなたはどちらのビジネスが成功しやすいと思いますか!?


正解は、後者。対法人ビジネスです。

が、起業して失敗する人は、
99%対個人ビジネスを選択します。

なぜなら、対法人ビジネスの経験がないので、
対法人ビジネスのイメージがわかないからなんですね。

なので、自分がイメージできる、対個人ビジネス、
例えば、飲食店や民泊、アクセサリーや
アパレルなどのビジネスで起業してしまうわけです。

しかし、ほとんどの場合、うまくいきません。

起業したばかりのころは、集客するのがとても難しい。

例えば、300円のものを売ろうとした場合、
月300万円の売上をあげるためにはいくつ売ればいいでしょうか。

300円×1万人=300万円

なので、毎月1万人に売らなければいけないわけです。

売上30万円でも、毎月1000人です。

起業してすぐに、1000人、1万人の集客なんで絶対に無理ですよね。


が、300万円の商品だったらどうでしょうか。

たった1人。たった1人集めればその月の売上目標をクリアできる!

いくら、起業したばかりと言っても
たった1人集めるのは難しくはありません。

つまり、起業してまもないころは、大量に集客はできないので
300円のような安いモノではなく、300万円のような高額商品を扱うべきなんです。

高額商品を一般の人に売るのは至難の業


300万円という高額商品を、一般の人に売るのはかなり難しい。

300万円と言えば、国産車が一台買える価格です。
余程の営業スキルやコネがなければまず無理です。

が、法人向けに売るのはどうでしょうか。

ひと月に数千万円という額が動いている会社であれば
300万円は出せない金額ではありません。

30万円や50万円といった価格であれば、さらに売りやすくなるでしょう。

つまり、対法人に高額商品は売りやすいということです。

だからこそ、起業するのであれば、
高額商品を売りやすい対法人ビジネスを選ぶべきです。

どうしても対個人のビジネスをやりたいのであれば、
対法人ビジネスで儲かるようになってからやればいい。

大事なことは、起業したらまずビジネスを軌道に乗せていくことです。

好きだからと言って儲かりもしない対個人ビジネスに固執すると
大きな失敗をすることになるので注意してください。

社長ひとりに焦点を絞ったマーケティングを仕掛けていこう!


対法人ビジネスをやることが決まったら、あとは営業していくだけです。

対法人ビジネスの場合、中小企業であれば、
決裁者である社長だけを狙っていきましょう。

会社によっては、専務をしている社長の妻、
銀行出身の総務部長がキーマンである場合もありますが

大抵、中小企業であれば社長を狙い撃ちすればうまくいきます。

なので、社長にターゲットを絞って
営業、マーケティングをしかけていきましょう。

そのときに、絶対にやってはいけないのが、売り込み臭の強いチラシやDM。

売りたい気持ちはわかるのですが、そういった気持ちが
チラシやDMに表れれば表れるほどゴミ箱行きの確率が高くなる。

社長に見てもらうには、絶対に売り込みをしないでください。


では、どうすればいいのかと言うと、
情報提供型のチラシやDMにするのが正解。

役立つ情報が書いてあれば高い確率で社長は見てくれます。

興味を持ってもらえれば、問い合わせをもらえるので
売り込みせずに情報提供に徹することを肝に銘じてください。

また、当然、興味を持ってもらえばネットでも検索してもらえるので
オウンドメディアのような情報サイトを整えておくことも忘れずに。

社長をターゲットにする営業、マーケティングでは、
とにかく売り込まないことが大事。

紙媒体であっても、ネットであっても、
情報提供=価値提供がすべてだと思ってください。

島倉大輔プロフィール

島倉大輔 経営コンサルタント 博士(学術)

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. ビジネスをしていて、思ったようにうまくいかないときがあります。そういったときに、無理に仕事に打ち…
  2. こんにちは、島倉です。ネットでも、リアルでも、見込み客に行動してもらうには、セールスライ…
  3. 「技術があれば絶対にお客は来る」と思い込んでいる経営者がかなりいます。完全に宗教の…

PAGE TOP