絶対に稼げない人の7つの特徴

こんにちは、島倉です。

これまで、コンサルティングやスクール、講座などで
いろいろなタイプの人を見てきましたが、

絶対に稼げない人に共通する特徴があることに気付きました。

全部で7つあるのですが、だいたい3~4個当てはまる人はダメですね。
起業には向いていないと断言できます。

日本の先行き不透明な未来を考えたときに、明らかに起業した方がいいのですが、
だからといって、成功する可能性が1ミリもない人が起業してはいけません。

安易な気持ちで起業して、失敗したときに、
サラリーマンに戻ることはできますが、ある程度の年齢を超えると、

安い給料で、キツイ、キタナイ、キケンの3K職場しか求人がないので

「起業なんかせずに、前の会社に勤め続けていればよかった」

ということにもなりかねません。

なので、今回は、

絶対に稼げない人の7つの特徴

についてお話したいと思います。

もしかしたら、ムッとするところがあるかもしれませんが、
実はそういうところこそが自分のウィークポイントだったりするので

「島倉め!!言いたい放題言いやがって!!(怒)」

と怒るのではなく、改善する材料として使ってみてください。

考え方がそもそも甘すぎる

例えば、ネットビジネスの場合

「1日10分仕事をするだけで」
「コピペだけで月収100万円」
「たったの3タップで」

みたいなコピーが氾濫していますが、
こういった詐欺的な謳い文句に乗っかって

「なんだ、ネットビジネスってこんなに簡単なんだ!」

と思ってしまう人がいますが、はっきり言って愚かです。

あまりにも愚かすぎます。

他にも、フランチャイズの募集などでも同じで
募集広告にはメリット、ベネフィットしか書いてありませんが

真に受けているようではド素人。

人が良すぎるただの馬鹿と言わざるを得ません。

ネットビジネスだろうが、フランチャイズだろうが、ビジネスです。
楽して、簡単に、稼げるなんてことはありません!

もちろん、ネットビジネスであれば、仕組みをつくれば
ほったらかしでも稼げるようにはなるのですが、
仕組みをつくるまでは相当の努力が必要です。

初心者の人であれば、楽して、簡単に、とは思えないでしょう。

誤解してもらいたくないのですが、

ネットビジネスでも、フランチャイズでも、他のあらゆるビジネスでも
稼げないビジネスなんてありません。

顧客がいて、需要があれば、求めている人がいるので、絶対に儲かるわけです。

では、なぜ儲からないのかというと、誇大妄想に捉われて
正しい方法で、正しい努力をするということを放棄しているからです。

知らないこと、経験のないことにチャレンジするので大変です。

しかし、正しい方法を学んで、正しい努力をしていれば、
絶対に結果をだすことができます。

なので、最初から、楽して、簡単に、儲かるといった
誇大妄想を持たないようにしてください。

他責思考

何かを始めて、うまくいかなかったときに、
自分のことを棚に上げて、やたらに人のせいにする人がいます。

他責思考と言いますが、そういう人は絶対にうまくいきません。

ネットを見ていると

「この教材はクソだった」
「この販売者が詐欺師だ」
「こいつに騙された」

なんてことをブログで発信している馬鹿がいるのですが、
恥ずかしくないのでしょうか!?

自分が愚かだということを宣伝しているようなものです。

そして、自分の責任を完全に放棄して、他のせいにする人に
魅力を感じる人なんていないですよね。

なので、他責思考の人がビジネスで成功する可能性は
まったくないと言ってよいでしょう。

ビジネスは全部が自己責任。

教材が悪いとか、販売者が詐欺師だと言ったところで、結果はでません。
そもそも、教材を選んだのも自分であるということを理解すべきでしょう。

「自分で考えて、自分で決断して、自分で行動する。」

全部を自己責任で考えられるからこそ、結果がでるわけです。

「自分の人生は、自分の責任で、自分でコントロールする」

ということを意識することが大事です。

もし、楽して、簡単に、儲かるといった
甘い言葉で誘惑している教材を買ってしまったときは、
知識の不足、判断能力の欠如を悔い改めるようにしましょう。

辛いかもしれませんが、教材や販売者のせいにしていても、
成長することはできないので、注意してください。

依存体質

先ほどの自己責任の話に近いのですが、

他のせいにする人というのは、
結局、何かにすがる、依存体質があるんですよね。

が、この依存体質がある人は、うまくいきません。

例えば、コンサルを受けたときでも、
最終的にやるのは自分です。

コンサルタントはアドバイスをしてくれますが
行動するかどうかは自分なわけです。

なのに、自分はやらないのであれば
結果なんてでるはずがありません。

最終的に、自分の人生を切り拓くのは自分だけ。
誰も自分の代わりにやってはくれないんです。

なので、主体性を持って取り組むようにしましょう。

投資をする発想がない

結構いるのですが、お金をまったくかけたくないといことで
ネットで無料の情報ばかりを漁っている人がいますが、

成功するのは絶望的です。

ネットに落ちている情報は玉石混交。

明らかに嘘であったり、時代遅れの情報だったりするので、
下手にそういった情報を信じてやってしまうと、

結果がでるどころか、違法行為をやっている

ということにもなりかねないので注意してください。

つまり、無料にこだわっていると結果がでずに、
貴重な時間だけが失われていくことになるんです。

正しい方法、正しい手順、正しい努力の仕方を
お金をだして体系的に学んだ方が、早く結果がだせます。
そして、時間の無駄もありません。

なので、投資をするという発想を持ってください。
ケチケチしている人に、チャンスは巡って来ないことを自覚しましょう。

たまに、稼げるようになったら教材を買います
という人もいますが、もはや意味不明ですね。

稼げていないから、投資をして稼ぐ方法を教えてもらうのではないでしょうか?

なのに、稼げるようになったら教材を買うというのは、おかしな話ですよね。

あらためて考えると、おかしな話ですが、
投資をする意識がない人にとっては、当たり前になってしまうんです。

投資をするという発想がないと、このように誤った考え方で
物事を考えてしまうようになるので、注意してください。

文章を書くのを嫌がる

現在のビジネスで、ネットを切り離して感がるのは無理です。

ネットでものを売っていくことを考えると、
コピーライティングやセールスライティングといった
文章を書くことを避けるのは不可能です。

「文章を書くのが苦手で」
「小学生のときから作文が苦手でした」

というように文章を書くことに苦手意識がある人。

また、毎日ブログを書くことに苦痛を感じて
更新するのをやめたという人もいるでしょう。

確かに、文章を書くことに苦手意識があったり、
文章を書いても反応がなければ苦痛なので、
やめたくなる気持ちもわかります。

が、先ほども言ったように、ネットから文章を切り離すことはできません。

では、どうすればいいのかというと、
ネットでものを売る文章を書く基礎的なトレーニングをしてください。

ものを売る文章を書くことと、
小説や作文を書くことは、まったく違うレベルの話です。

ものを売る文章は、基本的な型、パターンが決まっているので、
基礎的なトレーニングを積めば、誰でも書けるようになります。

文章を書くのを嫌がる人は、基礎的なトレーニングをすることなく、
小学生のときの作文のノリで書き始めるので、嫌になってしまうんです。

そして、作文みたな文章を書いても、見ている人は興味を持てないので、
結果的に何の反応も得られないということになるんです。

なので、まずは基礎的なトレーニングをつんでから、文章を書くようにしましょう。

話すのが苦手

リアルでも、ネットでも、人前で話をする機会が増えました。

リアルでは、セミナーがブームになっていて、
商品を買う前にセミナーを受けてからというのが定着してきています。

また、ネットでは、動画を使ったマーケティングが
当たり前になってきているので、

もはや、人まで話ができるスキルを身に付けなければ、
ビジネスをやっていくのは不可能な状況になりました。

なので、1対1だけでなく、1対多数を対象に
原稿なしに、話ができる能力を身につけてください。

大事なことは、原稿がなくても話ができるということ。

原稿があると、原稿を読むような形になってしまいがちで、
熱が伝わらなくなるので、相手に行動してもらうことができません。

そうなると、話をする意味がないので、

原稿がない状態で話ができるようになってください。

そんなことを言っても、

人前で原稿なしにしゃべるなんて、一部の人しかできないのでは?

と思われるかもしれませんが、大丈夫です。

ちょっとしたポイントを押さえて訓練するば、
誰でもできるようになるので、諦めずに挑戦してください。

素直じゃない

ビジネスで結果をだすために、

「教材やスクールで学ぶ」
「メンターから指導を受ける」

といったことをしていると思います。

残念なことに、学んだことを
素直に受け入れない人がいるのですが、
そういった人はうまくいきません。

教えてもらった内容を勝手にアレンジする。
良いとこ取りをして、教えてもらった内容を崩してしまう。

といったことを、絶対にしてはいけません。

教材でも、スクールでも、コンサルティングでも、
教えてもらう内容というのは、ひとつのコンセプトで統一されているので
ちょっとでも手を加えた段階で、もはやそれは教えてもらったものとは完全に別物。

当然、実践しても結果が出ることはありません。

教えてもらったことを素直に受け取る。そしてやってみることが成功への近道です。

 

以上、絶対に稼げない人の7つの特徴についてお話ししました。

厳しいように聞こえるかもしれませんが、
ビジネスという名の付くものすべてが、甘いものではありません。

「1クリックで」
「片手間の作業だけで」
「コピペすれば」
「スマホだけで」

といった言葉がついているものは、
何も知らない情報弱者を騙して稼ぐための常套手段。

騙す人が悪いのは当然ですが、こういった言葉につられて
騙される人も同じく悪いというのがわたしの考えです。

ビジネスは遊びじゃありません。真剣勝負の場です。

正しい方法、正しい努力の仕方を学んで、凡事徹底。
徹底して実行する人だけが成功するのがビジネスです。

この話を聞いて、ビジネスって厳しいなと思ったら、起業すべきではありません。

逆に、なるほど。正しい方法、正しい努力の仕方を学んで、実行すればば結果がでるんだ!
じゃあ、やってみようと、思える人は絶対に成功するでしょう。

起業するのは、あなた、そしてあなたの周りの人を幸せにするためです。

起業して不幸にならないためにも、
お伝えしたことを活かしてもらえれば幸いです。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. DHMO(Dihydrogen Monoxide:ジヒドロゲンモノオキシド)という危険な液体をご…
  2. ビジネスで結果を出すために、努力することは当たり前のですが、「自分は努力している」という認識があ…
  3. 「もっともあのとき、勉強しておけば!」「就職活動をもっと本気でやっていればよかった」「あのと…

PAGE TOP