稼ぎまくって、時間的、経済的な自由を手に入れたければ、絶対に【メルマガアフィリエイト】だ!

さて、今回は、メルマガアフィリエイトについてお話したいと思います。

と言うのも、初心者にとって
メルマガアフィリエイトは最終ゴールみたいなものなので、
簡単に稼げるとか、誰にでもすぐにできるとは言えませんが、

他のアフィリエイトと比べて格段に稼げるアフィリエイトだからです。

最近では、メルマガの代わりに、LINE@を使っている人もいますが、
基本原理は同じなので、メルマガアフィリエイトをマスターすべきです。

メルマガアフィリエイトの仕組みと意識すべきポイントについて解説していくので、
全体をしっかりと理解したうえで、早期に着手しましょう。

メルマガアフィリエイトの仕組みはシンプル

メルマガアフィリエイトの仕組みとは、
名前からわかるように、メルマガを発行して、そのメルマガのなかで
セールスをしていくアフィリエイトのことです。

通常、アフィリエイトというと、ブログに記事を書いて
記事のなかで案件を紹介するというイメージが強いですが、

基本的にブログアフィリエイトは、
読者が来るのを待っている【待ちの姿勢】に対して

メルマガアフィリエイトは、こちらからメールを発信して、セールスをしていく
【攻めの姿勢】のアフィリエイトであることを理解してください。

当然、待っているだけでは、成果はでにくいですよね。

なので、攻めの手法であるメルマガアフィリエイトは、
大きな結果を生みだせる最強のアフィリエイトであると断言できます。

基本的な仕組みとしては、

「メールマガジンの読者を集める ⇒ 読者に向けてメルマガを発行 ⇒ メルマガでセールスをする」

という流れになります。

仕組み自体は至ってシンプルなのですが、
メルマガアフィリエイトが難しいと言われているのは、

「読者を集めるという集客」
「読者との信頼関係を構築できる情報発信」
「欲しいと思ってもらえるセールス」

といった複数の、そして高度なテクニックとノウハウが求められるからです。

読者を集めるには、ブログやSNSでの情報発信、
Facebook広告を使うなどして、ペルソナに効果的にアプローチしていき、
役に立って、学びのある。そして読み続けたいと思えるようなコンテンツを配信して
最終的にメルマガに登録してもらいます。

そして、毎日のメルマガで、ペルソナが欲しいと思える価値ある情報を
提供し続けることで、読者からファンとして育てていきます。

もちろんメルマガでは、日々の出来事をダラダラと書くのではなく
最終的にセールスすることを意識した内容にすることが大事です。

毎日のメルマガで、読者をファン化することができたら、セールスをしていきますが、
セールスのイベントや魅力的な特典を用意するなどして、
メリハリのあるセールスを展開していきます。

最後に、自分が紹介した商品を買ってもらえれば、報酬が支払われる、

というのが、メルマガアフィリエイトの一連の流れになるので、理解してくださいね。

メルマガアフィリエイトを成功させるために大事なことは、

なるべくたくさんの読者を集めることができるか。
そして、セールスをしたときに成約率をいかに高めることができるかです。

たくさんの人を集客して、毎日のメルマガでファン化できていれば、
間違いなく商品が売れるようになるので、報酬も桁が変わってくるでしょう。

稼ぐために意識すべき4つのポイント

メルマガアフィリエイトの仕組みは理解してもらえたと思います。

次は、メルマガアフィリエイトで突き抜けた結果をだすために
意識しておくべき4つのポイントについてお話しします。

(1)読者を集客できるかどうかですべてが決まる

先ほどの仕組み解説でもお伝えしましたが、
アフィリエイトした商品を買ってくれるのは読者です。

なので、読者を集めることができなければ、
商品を売ることができません。

少ない読者でも結果をだすことはできるのですが、
でも、読者の数は多いに越したことはありません。

だって、考えてみてください。

100人の読者がいる場合と、1万人の読者いる場合では、
どちらでセールスをしたら売れる可能性があるでしょうか。

絶対に読者1万人の方ですよね。

なので、メルマガアフィリエイトで結果を出したいのであれば、
とにかく読者を集めることに注力してください。

そして、メルマガアフィリエイトの凄いのはここからで、
商品を一度紹介したらそれで終わりではありません。

同じ読者に対して別の商品を紹介することができるんです。

なので、メルマガの読者になってもらえば、メルマガを解約されない限り、
繰り返し何度でも紹介することができるので、利益があげることができます。

だからこそ、読者を増やすことがすべてであると思ってください。

(2)普段の情報発信が大事

メルマガアフィリエイトで結果を出すために、
何よりも大事なのは、普段の情報発信です。

普段の情報発信を疎かにして、
何も価値を提供していないような人を
読者は信用をするでしょうか。しないですよね。

なので、普段から価値ある情報を発信することで
読者と信頼関係を構築しておくことが大事です。

読者との信頼関係が構築できていれば、
いざ、セールスになったときに

「この人のお勧めであれば信頼できる」
「この人が言うのだから買ってみようかな」

という気持ちになりますよね。

なので、普段の情報発信に力を入れましょう。

またにセールスだけ気合いを入れて、がっちり売り込んでいる人がいますが、
当然、そんなことをしてもダメ。買ってくれる読者はいません。

大事なのは、読者との信頼関係の構築。

そのためには、普段の情報発信を疎かにしないでください。

(3)ライフタイムバリューの最大化

ライフタイムバリュー(LTV)という言葉を聞いたことがありますか?

顧客生涯価値とも言われていますが、
ライフタイムバリューとは何かというと、

ひとりのお客が、どのぐらいあなたの商品を買ってくれるのか。
ひとり当たり、どのぐらいの利益が見込めるのか。

という意味です。

メルマガのよいところは、解約されなければ、読者に対して繰り返して
商品を紹介できるところです。

なので、いろいろな商品を買ってもらうことで、
ライフタイムバリューを最大化できるとこが、
メルマガアフィリエイトの最大の魅力です。

なので、ライフタイムバリューを最大化することを意識してください。

だからと言って、セールスばかりすればいいという話ではありません。

先ほどもお話ししたように、普段の情報発信で価値を提供する。
これがとにかく大事です。

読者との信頼関係が構築できていなければ、セールスをすることはできないので、
繰り返しになりますが、セールスする前に、
価値ある情報を提供することを重視してください。

(4)ステップメールを使ってセールスを自動化する

メルマガアフィリエイトが凄いのは、
ステップメールを使って、セールスを自動化することです。

分かりやすく言えば、何もせずに、ほったらかしで、
セールスが完了してしまうということです。

これ、凄くないですか!?

わたしも、メルマガアフィリエイトをしたときに
セールスの自動化には、本当に驚きました。

商品ごとにステップメールを作っておけば、
勝手にセールスが始まり、勝手に商品が売れていくので、

後は、集客にだけ集中すればいいんです。

集客すればするほど、勝手に売れていき、ライフタイムバリューも高まっていくので、

メルマガアフィリエイトをするのであれば、
ステップメールでのセールスの自動化まで作り込んでくださいね。

 

以上、メルマガアフィリエイトの仕組みと
結果をだすために意識すべき4つのポイントについてお話しました。

メルマガアフィリエイトは、数あるアフィリエイトのなかでも
最終的に目指すゴールだと考えてください。

メルマガアフィリエイトの仕組みが構築できれば、
ほったらかしでも、商品が売れていくので、

やりたかった趣味に没頭してもよし。
家族との時間を大切にしてもよし。
別のビジネスに取り組んでもよし。

時間的、経済的な自由を手に入れることができるので、
好きなことをやれるようになります。

なので、本当に自由になって、自分の好きなことを追求したいのであれば、
メルマガアフィリエイトを早く始めてください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 普段、わたしは名刺を持たずに仕事をしています。「名刺を持っていないんですか?相手に失礼じゃな…
  2. 普段、財布にお金を入れて持ち歩いていませんか?もう、それ、やめた方がいいです。特に、…
  3. こんにちは、島倉です。終身雇用の崩壊やブラック企業問題、リストラなどの影響を受けて…

PAGE TOP