人間は「自分が信じるものしか見えなくなる」という特性がある

こんにちは、島倉です。

喫茶店を経営しているオーナーから相談がありました。

起業したときは繁盛していたのですが、近くに大手のチェーン店進出してきてからは
鳴かず飛ばずの状態で、お店を閉めるかどうか悩んでいたのですが

そこで、何とかせねばということでコンサルティングをお引き受けしました。

そして、コンサルティングをすぐに開始したのですが、
たったの2カ月で売上を伸ばすことに成功したんです。

どうやってたったの2カ月で売上を伸ばすことができたのか、わかりますか?

答えは、店内でマジックショーを開催したんです。

もちろんお金が厳しいので、マジシャンなんて雇うお金はありません。

では、なぜマジックショーをやろうと思ったのかと言うと、
オーナーと話をしていたときに、趣味がマジックだということが話題にのぼったからです。

試しに、オーナーにやってもらったんですが、なかなかうまかったので、
これはイケると思い、マジックショーをやることを提案しました。

最初、オーナーは凄く渋っていました。

「こんなマジックに興味を持ってくれる人、本当にいるの?」
「マジックなんてやっても、売上につながらないでしょ?」

とかなりやりたがらなかったのですが、オーナーを説得してやってもらいました。

すると、ご近所に住んでいる高齢者の方やママ友の集まりで好評で
閑散としていた店内が、あっという間に満席状態になったんです。

先ほども言いましたが、オーナーはとにかく嫌がっていました。

「素人がやるようなマジックなんかに興味を持ってくれる人なんていない!」
「新しいメニューの開発をした方がいいのでは?」

と言っていました。

確かに、喫茶店を経営しているので、普通はメニュー開発を考えますよね。

でも、近くに出店してきた大手チェーン店のメニューを見たときに、
メニューで勝負するは絶対に無理だと思ったんです。

なので、メニュー開発ではなく、マジックで勝負するという奇策に打って出たわけです。

普通の喫茶店のオーナーであれば、イベントをやろうとは思わないでしょう。
ましてや、自分の素人マジックを披露するなんて考えもつかなかったでしょう。

なぜなら、人間というのは「自分が見たいものしか見えない」からなんですね。

オーナーは喫茶店はメニューで勝負すべきだと信じて疑わないので、
新規メニューの開発のことしか見えていないわけです。

つまり、人間は「自分が信じているものしか見えない」傾向があるんです。

自分が信じているものしか見えなくなる

例えば、「お金を稼ぐことは難しい」と思っている人は

何を聞いても、何も見ても、何も学んでも、

「お金を稼ぐのは難しい」という信念に沿ったものしか見えなくなるので
「お金を稼ぐことは誰もができることだ」という事実にすら気づくことができません。

ビジネスを始めたばかりの初心者が、月に数百万円稼いでいるという話を聞いても

「何か悪いことをしているはずだ!」
「人脈があるからできんだろう!」

と「お金を稼ぐことは難しい」という信念に合せてようとして
事実を受け入れようとはせずに都合のよい解釈をし始めます。

また、「絶対にこれをやったら結果が出る」というアドバイスをもらったとしても
心のなかで「絶対に結果なんて出るはずがない」と思っていてやろうともしません。

しかし、「お金なんて誰でも稼げるものだ」と思っている人は、
素直にアドバイス通りにやって結果を手にしてしまうんですね。

つまり、まったく同じものを見聞きしても、自分が信じている信念によって
受け取り方や捉え方がまったく変わってしまうんです。

ネットビジネスで稼いでいる人というのは

「ネットビジネスは稼げるビジネスだ」

と信じているので、稼げる情報が飛び込んでくるように入ってきます。

しかし、「ネットビジネスは稼げない」「ネットビジネスは怪しい」と思っている人は、
稼げる情報が目の前にあったとしても気づくことなくスルーしてしまうんですね。

これを、心理学では、カラーバス効果と呼んでいます。

カラーバス効果とは、自分が意識していることに関して、
関係する情報だけが自分のところに舞い込んでくるという現象のこと。

例えば、ベンツのSクラスを買いたいなと思っている人が
街を歩いているときにベンツの車ばかりが目に飛び込んで来るのは、
まさにカラーバス効果が引き起こしている現象だと言えるでしょう。

稼げるようになるために大事なこと

では、ビジネスで稼げるようになるには、どうたらいいのかと言うと、

「自分はビジネスで絶対に成功する」
「自分はお金を稼げる能力がある」

と自分で思い込むことです。

稼げるんだと思い込むことで、実際に稼げるようになるんです。

しかし、稼げない人は、

「自分が本当に稼げるようになるか不安だ」
「自分はビジネスで大きな失敗をするかもしれない」

と思っているので、やはり稼げずに終わるわけです。

なので、ビジネスで成功したければ、
自分が今思っているネガティブな思考を変えてください。

「ビジネスで成功するなんて簡単だ!」
「自分もビジネスで絶対に成功できる!」

と強く思うことが大事だと言うことです。

ネガティブなことを考えていれば、ネガティブな情報しか入ってきません。
そして、ネガティブなことが現実化してしまいます。

そうならないためにも、

「ビジネスで成功するのは無理だと思っていないか?」
「間違った考え方に染まっていないか?」
「常識的な考え方に捉われ過ぎていないないか?」

をチェックしてくださいね。

あなたの思考や考え方、信念がポジティブに変わり始めた瞬間から、
聞いたこと、見たこと、学んだことが違ったものになるでしょう。

信じて行動すれば思ったことは実現できる

さて、なぜこのような話をしたのかというと、

現在、わたしが、経済的、時間的な自由を手に入れて、楽しみながら仕事ができるのは、

「絶対に少ない時間だけ働いてもビジネスで稼ぎ続けることはできる」

という信念があったからだ、ということをお伝えしたかったからです。

パソコン一台あればどこにいても仕事ができるので、
大好きな伊東にある温泉旅館に泊まって仕事をしています。

好きなときに、好きな場所で、好きな仕事ができる。

そして、旅行や趣味を楽しむことができる。

それは、先ほどのような信念を持ってビジネスをやってきたからです。









信念があったからこそ、信念を実現するような情報が自然に入ってくるようになったので
結果を出すことができたわけです。

「信じて行動すれば思ったことは実現できる」

この一言に尽きるのではないでしょうか。

ネガティブな思考では、成功するのは絶対に無理。
ネガティブな思考の状態で学んだとしても、結果を出すことはできないんです。

まず、思考、信念を変えることから始めてください!

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 「アフィリエイトに取り組んだけど、結局、稼げるようにはならなかった!」「アフィリエイトで稼げるな…
  2. 副業で、不用品販売&転売ビジネス、アフィリエイトを始めて結果が出だせたら、最終的にメルマガでの情…
  3. アフィリエイトや転売、YouTubeアドセンスなどを選んで副業としてやっていても、まったく成果が…

PAGE TOP