アフィリエイトブログで読者をファンにする文章の書き方

アフィリエイトで結果が出せないという人を見ていると、大抵は売ることを優先している人ですね。

アフィリエイトで稼ぐには、商品を買ってもらわなければならないので、
売りたくなる気持ちはわかるのですが、売ろうとすればするほど売れなくなるんです。

アフィリエイトで成功したければ、いきなり売ろうとするのではなく、
価値のある情報を提供することで、読者をファンにすることが大事です。

考えて欲しいのですが、ブログやサイトに訪れたら、売り込む文章ばかりだったとしたら、
絶対に買わずに、ページを閉じてしまいますよね。

買いたいという気持ちになっていないのに、いくら売り込んでもダメだということです。

なので、アフィリエイトで結果を出すには、売り込むことよりも、まず読者をファンにすること。

そのためには、価値ある情報を提供することを優先してくださいね。

そこで、今回は、読者をファンにしてしまう文章の書き方についてお話したいと思います。

記事を読んでもらえなければ何も始まらない

読者をファンにする文章の書き方をお伝えする前に、大事なことをお話しておこうと思います。

アフィリエイトで稼ぐには、検索ユーザーに検索してもらったときに、
自分のブログやサイトが上位表示される必要があるので、

SEO対策やキーワード選定などが大事になってくるのですが、
そういったテクニックだけを重視しても、ダメなんですね。

読者をファンにするために大事なことは、

そもそも、検索してたどり着いた検索ユーザーに記事を読んでもらうことです。

当たり前じゃん、そんなのと思うかもしれませんが、この当たり前のことができていないから
アフィリエイトで稼げるようにならないわけです。

アフィリエイトで稼ぐには、ブログやサイトで商品をじゃんじゃん紹介すれば勝手に売れる

と思っている人がいるのですが、そういう考え方の人は結果を出すことはできません。

大事なことは、まず記事をしっかり読んでもらうことです。

相手はロボットではなく、人間です。人なんです。
人だからこそ、記事を読んでもらって共感してもらわなければ、買う気にはならないんですね。

記事を読んでもらえなければ、直帰率が高く、平均滞在時間が短くなってしまい、
結局は、SEO対策もダメになってしまいます。

すべては記事を読んでもらうこと。これに尽きるんです。

なので、読者のことを考えて記事を書くと言うことがとにかく重要です。
適当な記事を量産しても、読んでもらえなければ、ただのクズだということを理解してください。

共感を得ることの重要性については、「ビジネスは共感を得ることがすべてである」でも
詳しく解説しているので、確認しておいてくださいね。

読者をファンにする記事の書き方

では、読者をファンにするために、どうような記事を書けばよいでしょうか。

ズバリ言うと「学びや気づきがある」「わかりやすくておもしろい」「尖がっている」ということですが
これができている人が本当に少ないんですね。

この3つの条件を満たす記事を書くことができれば、かならずアフィリエイトで結果を出せるでしょう。

(1)学びや気づきがある

検索ユーザーが、なぜ検索をしているのかを考えてみてください。

何かの情報を得ようとしているからですよね。

だとしたら、記事はその要求に応えるものでなければなりません。

読んでもまったく何の学びも気づきもない、
内容がスカスカの薄っぺらな記事ではダメだということです。

もはや、内容のない記事を量産して反響を得られる時代は終わりました。

検索ユーザーが求めている価値のある情報を提供してください。

(2)わかりやすくておもしろい

次に気をつけてもらいたいのは、わかりやすくおもしろいということ。

笑いを取れとか、ふざけた文章を書くという意味ではなく、物語調になっていてよみやすく、
事例が豊富で内容がイメージしやすいという意味です。

また、一方的に言いたいことを書くのではなく、疑問文などを使って問いかけてみてもよいでしょう。

そうすることで、読者が文章のノメり込んでくるようになります。

難しいと思うかもしれせんが、慣れてくると書けるようになります。

作文のような硬い言葉や表現ではなく、話し言葉で書くとよいでしょう。
また、読んでいておもしろいなと思う文章をマネて書くというのも大事ですね。

(3)尖がっている

最後は、尖がっているということです。

要は、誰に気兼ねすることもなく、ズバズバと言いたいことを言うということです。

最悪なのは、嫌われないように、差しさわりのないことを書いている記事ですね。
確かに嫌われないかもしれませんが、好かれることもありません。

つまり、八方美人的な記事をいくら書いたところで、反響を得られることはないということです。

尖がっているから、おもしろくなるわけで、当然、読者がファンになってくれるんですね。

なので、言いたいことをガンガン言ってください。

どのぐらいの目安で考えればいいのかと言うと、アンチが生まれるぐらいです(笑)
アンチが生まれるからこそ、ファンも生まれるので、そのぐらいパンチのある記事を書きましょう。

絶対に読者にこびるような記事を書かないようにしてくださいね。意味がないので。

まとめ

アフィリエイトで稼ぐには、ブログやサイトを育てなければならないので、
SEO対策やキーワード選定が大事ですが、それ以上に大事なことは読んでもらえる記事を書くこと。

読んでもらえなければ、何の反響も得ることができなくなり、
直帰率が高く、平均滞在時間も短くなるので、SEO対策的にも問題があります。

そうなると、アクセスが減ってしまうので、アフィリエイトで稼げるようにはなりません。

読者に読んでもらう記事を書くことを最優先で考えてください。

さらに、この記事で紹介した「学びや気づきがある」「わかりやすくおもしろい」「尖がっている」
という3つのポイントに気をつけて記事を書けば、ファンをつくることができるます。

ファンができれば、商品も売れるようになるので、記事のレベルをあげていくことを考えてくださいね。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. あなたは人前に立ったときに 手や足が震えてしまう 背中やわきの下に、大量に汗をかく…
  2. アフィリエイトを始めて、もう7年近くになりますが、ぶっちゃけアフィリエイトでビジネス、生活、いや…
  3. オウンドメディアを立ち上げて、記事を書いているのに思ったようにアクセスが増えないと悩んでいる人が…

PAGE TOP