検索エンジンから評価されるコンテンツとは?

オウンドメディアやブログで、記事の数さえ増やせば、
検索エンジンから評価されて、上位表示されると思っている人がいますが、

残念ですが、それは間違いです。

ただ、記事の数を増やすだけでは、上位表示されることはありません。

現在、検索エンジンは、文字数の少ない記事については低い評価しかしないので、
検索をしても結果に表示されないんですね。

なので、文章量のほとんどない記事を数百、数千と書いたとしても
検索経由でのアクセスはまったく期待できないということです。

文字数の少ない短文コンテンツは通用しない

文字数の少ない、文章量のないコンテンツは、いくら量産したところで

検索エンジンからほとんど評価されません。基本、低評価だと考えてください。

当然、検索してもそういったコンテンツはヒットしないので、
検索経由でのアクセスは厳しいと言ってよいでしょう。

しかも、文字数の少ない短文のコンテンツばかりになると、
最悪なことにサイト全体の評価も下がることになってしまいます。

短い文章のコンテンツを量産すればするほど、サイト自体の評価も下がるということです。

現在、検索エンジンが評価しているのは、長文の情報量のあるコンテンツです。

長文コンテンツを量産すれば、記事の評価が高いので
最終的にはサイト全体の評価も高まるわけですね。

なので、コンテンツをつくるのであれば、絶対に長文の情報量のあるコンテンツです。

具体的に目安となる文字数ですが、1,500文字前後は欲しいですね。

従来のアフィリエイト記事を見ていると、800字以下のものが多かったのですが、
現在、800字ではまったく話にならないので、考え方をあらためてください。

1,500文字以上のコンテンツを作り続けることは大変ですが、
そのぐらいの文字数のコンテンツを作り続けていれば、サイト全体の評価もあがるので
頑張ってコンテンツを作っていきましょう。

具体論を入れるなどしてコンテンツを充実させよう

文字数が少ないコンテンツは、基本、要点だけを伝えるものが多いですね。

文字数で言うと200~400文字ぐらいになると思いますが、
現在、そういった記事は検索エンジンから評価されないので、

もしあなたが短文スタイルであるならば、コンテンツの作り方を変えていく必要があります。

では、どうすればいいのかということですが、
冗長な表現にして、文字数を増やせばいいというものではありません。

検索エンジンを誤魔化せたとしても、記事を読む検索ユーザーからは

「無駄に長くてウザい文章だな」

と思われるだけです。そうなると、直帰率や平均滞在時間で不都合が生じて
SEO的にもよくない結果になってしまうでしょう。

なので、冗長な表現にするのではなく、具体論を入れるなどして、
正攻法でコンテンツを充実させていくことが大事です。

例えば、私はコンテンツを作るときに

  • 序文(要点)
  • 本論(具体的な説明)
  • まとめ

を意識してつくっています。

読者にも伝わりやすい内容になり、コンテンツも充実することになるので
コンテンツを作る際のひとつの勝ちパターンだと考えてよいでしょう。

こういった構成で、1,500文字前後のコンテンツを増やしていけば、
かならず検索結果で上位表示されるようになるので、楽しみながらコンテンツを作っていきましょう。

まとめ

文字数のすくない、情報量のないコンテンツは、検索エンジンからほとんど評価されなくなりました。

短文のコンテンツは、低評価を受けてしまうので、検索結果には表示されません。
当然、検索経由でのアクセスは見込めません。

さらに、短文記事ばかり掲載していると、サイト自体が低評価を受けてしまうので、
短文記事はやめて、長文の情報量のあるコンテンツを作っていきましょう。

文字数の目安としては、最低でも1,500前後。

要点だけでなく、具体論を入れるなどして、コンテンツを充実させてください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. ビジネスで失敗するのは当たり前。成功者と言われている人でも、たくさんの失敗をしていますが、…
  2. 現在の検索エンジンでは、読者が求めているものが書かれている記事を上位表示するという方針で運営され…
  3. 「給料だけでは充実した生活を送ることができない」「老後のことを考えるといまの年収では不安だ」…

PAGE TOP