今さら聞けない情報商材~本当に詐欺まがいの情報商材しか販売されていないのか?

インフォトップやインフォーカートなど有名なASPで
いろいろな情報商材が売られていますね。

ファイリエイトや株式投資、FX、競馬などギャンブルでの必勝法、
ダイエットや豊胸術、異性にモテるテクニック、ペットのしつけの仕方など、

多彩なジャンルのものが売られていますが、

ところで、あなたは情報商材に対して
どのようなイメージを持っているでしょうか?

情報商材と検索すると、ヒットするのが、
情報商材は詐欺だというサイトですね。

特定の人物名も数多く登場してきて、
詐欺師呼ばわりされているのですが、

確かに、どの世界でもそうですが、
人を騙す人はいるので、全否定はしません。

だからと言って、情報商材は詐欺だ、悪いものだと
言い切ってしまうのも極端かなと思います。

そこで、今回は、あらためて
情報商材とは何かということに迫ってみたいと思います。

そもそも、情報商材とは何か?

情報商材とは、ネットで販売されている
情報を売り物にした商品のことで、

PDFファイルや音声、動画ファイルなどで提供されています。

紙媒体の書籍や電子書籍についても
情報商材の仲間であると言えるでしょう。

つまり、情報を売り物にしているのであれば、
全部それは情報商材だと考えてください。

一般の人にとっては、情報商材は特別なものという印象がありますが、

先ほどの定義で捉えると、
案外身近なものであるということがわかっていただけるかと思います。

さて、書籍は、情報商材の仲間であるとお伝えしたのですが、
実は、書籍と情報商材では決定的な違いがひとつあります。

それは、情報の具体性です。

例えば、株式投資の書籍の場合、

株式の意味や取引時間、取引場所、取引方法、など
概略や基本についての解説がほとんどですが

情報商材の場合は、そういった解説に加えて

どのようにしたら利益をだすことができるのか。
チャートパターンをどう見るか。
分析する手法と活用法。

などかなり突っ込んだ内容が解説されています。

なかには、動画で実際の取引している様子を
公開している情報商材もあります。

つまり、書籍と情報商材は

書籍=一般向けの情報
情報商材=実践的なノウハウやテクニック

が書かれているわけです。

書籍は、「いい話が聞けたな」という内容。

情報商材は、「なるほど、この順番でこの通りやれば結果がでるのか!」

というように、やるべきことが具体的に述べられていて
結果に直結する内容になっていると考えてください。

また、情報商材は、わからない点や疑問点は質問できるサポートがついています。
こういったサポートは、書籍にはないですよね。

なので、当然、書籍よりも情報商材が高額な設定になっているわけです。

詐欺商材を見抜く2つのチェックポイント

情報商材は、自分の悩みを解決する、または願望を実現するために
非常に役立つものであることは間違いありませんが、

残念なことに、中身のない詐欺的な商材があることも事実。

では、どうしたら詐欺的な商材をつかむことなく
価値のある情報商材を買うことができるでしょうか。

そのために、情報商材を買うときのチェックポイントをお伝えします。

ポイント1:販売者が信用できるかをチェックする

情報商材を買うときに、販売者がどういった人なのかを確認してください。

  • 他にどのような商材を販売しているのか。
  • FacebookやTwitter、YouTubeなどでどのような投稿をしているのか。
  • ブログやメルマガでどういったことを主張しているのか。
  • 顔出し、実名で情報発信をしているのか。
  • 外見(服装や髪形など)に気を使っているか。

などを確認するとよいでしょう。

ちなみに、販売者を確認するときに、
情報商材のレビューサイトは参考にならないので、注意してください。

と言うのも、ああいったレビューサイトは、
とにかく情報商材やその販売者を批判しておいて、
最終的には自分の販売しているものがいいということ言いたいだけなので、
まったくアテにはなりません。

しかも、そういったレビューサイトの運営者は
偽名、かつアイコンを使って、責任逃れをしています。

そういったサイトのレビューこそ、詐欺的なやり口なので、
騙される人が多いのですが、まったく参考にならないのでご注意を。

実際、そういったレビューサイトで批判されている情報商材を
わたし自身、いくつも買ったことがありますが、

中身がしっかりしていて、非常に役立った経験があるので、
くれぐれも騙されないようにしましょう。

ポイント2:誇大広告がどうかをチェックする

「コピペだけで月収100万円」
「寝ているだけで勝手に儲かる」
「100%の勝率で」
「1クリックするだけで自動的に稼げる」
「3タップで億万長者」

というような、楽して、簡単に、
そして成功率100パーセントで稼げる系のコピーをよく見ますよね。

こういった誇大広告を見たら、その時点で購入するのはやめてください。

冷静に考えて、あり得ないですよね、こんな話は。

なのに、誇大広告を見て、欲しくなるというのは
自分が情報弱者で、精神が弱っていると認識してください。

また、最近は、社会的に信用できる肩書きをうまく使って
販売しているケースも見かけるので注意してください。

例えば、大学の先生、ナントカ団体の理事長などは、
調べればわかりますが、簡単に入る肩書きなので、

そういった肩書きを持っているから全面的に信頼できるというのは危険です。

魅力的だなと思っても、冷静に調べてみてから判断しましょう。

 

以上、情報商材について解説しました。

もしかしたら、この記事を読み終えて、

なんだ、結局、詐欺的な商材はあるのか。
だったら危険なので絶対に買うのはやめとこう。

と思われるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

詐欺的な情報商材はあくまでも一部であって、
大部分はまともな内容の情報商材です。

情報商材を批判する人を見ていると、
そういった人は、過去に情報商材を買って
結果がだせなかった人ばかりです。

本当にそういった人は、最後までやり切ったのか。
簡単に諦めることはなかったのかが、疑わしいのです。

情報商材を買いさえすれば、すぐに結果がでる、というのは大間違いで、
ビジネスである以上、ある程度の期間、やり込むことが必要です。

そして、やりながら、質、量、速度を高めていくことが大事です。

情報商材を買って、中身を軽くパラパラと見た程度では
本当の意味で内容を理解できないでしょう。

そして、結果がでるまでやり続けることが大事です。

大抵、ネットで情報商材を批判している人たちは、
やっても結果がでなかったと言いますが、やった期間は1週間程度。

たったそれだけの期間で結果がでるはずがありません。

少なくとも3カ月は集中してやり続けなければ、結果はでないでしょう。

なので、安易に情報商材の批判をする人たちの意見に乗っかって
情報商材は詐欺だから買わないと決めてしまうのは間違いです。

ビジネスで成功する。
願望をかなえてくれる。
生活を豊かにしてくれる。

といった情報商材もちゃんとあるということを理解してください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 女優、司会者、歌手など、あらゆる分野で活躍されている剛力彩芽さん。なぜか、ネットで剛…
  2. 情報発信ビジネスの人気が非常に高まっていますね。在宅で、パソコン一台あれば、どこでもできるビ…
  3. オウンドメディアを立ち上げたら、アクセスを集めなければいけませんが、検索順位をいかにあげられるか…

PAGE TOP