Shutterstock(シャッターストック)と年間契約をして得られた4つのメリット

フリー素材で著作権違反等の訴訟リスクを避けるために気をつけるべきこと

という記事でもお話しましたが、

フリー素材は、自由にビジネスで使えそうなイメージがありますが、

  • 商用利用が禁止されていて、気づかずに使ってしまってと権利侵害で訴えられる。
  • 権利確認が曖昧なので、著作権や肖像権の問題で裁判沙汰になっている。

というのが実態です。

しかも、訴えられたら、「気づかなかった」「知らなかった」では済まないんですね。

著作権については、日本ではかなり重い刑罰が科されているので、
場合によっては、罰金刑だけでなく、懲役刑も科される恐れがあります。

こういったことを考えれば、権利関係がしっかりと確認されているサイトでなければ、
フリー素材サイトを利用すべきではないでしょう。

とは言っても、アイキャッチ画像やウェブデザインに画像は必要ですよね。

そこで、おすすめしたいのが、

Shutterstock

という有料の写真販売サイトです。

私も、Shutterstockを使っているのですが、とにかく便利で、仕事の効率が各段にあがりました。

写真関係で悩んでいるのであれば、Shutterstockをおすすめしたいのですが、
実際にShutterstockを使うことでどういったメリットがあったのか、
私が経験したこと、思ったことをお話したいと思います。

Shutterstockとは?

Shutterstockは、写真、画像、動画素材を販売している会社です。

Shutterstockでは、世界の写真家やデザイナーがつくった写真、画像、動画素材を販売していますが、
我々一般ユーザーとそういったデザイナーの仲介をしてくれているのがShutterstockなんですね。

Shutterstockが凄いのは、素材が高品質であることはもちろんですが、何よりも素材数が圧倒的。

2018年4月の時点で、なんと1億9,900万点。
しかも、1秒ごとに4点増え続けているそうで、業界ナンバーワンと言われているもの納得ですね。

はっきり言って、オウンドメディやブログを作るときに、
これだけの素材数が揃っていれば、写真や画像選びに困ることは絶対にありません。

フリー素材サイトだと、素材数が少ないので、どうしても適した素材がないので、
無理やり近いもので代用したという経験、ありませんか。

しかし、Shutterstockであれば、そういったことで困ることはまずないということです。

しかも、Shutterstockは、素材を自由に検索して探すことができるので、
自分が欲しいと思える素材を一発で探すことができるんですね。

また、圧倒的な素材数なので、普通フリー素材では手に入らないような珍しい素材が手に入ります。

たまに、何のために使う素材なんだろうと思うような不思議な素材もありますが・・・。

いずれにせよ、ドラえもんの4次元ポケットのように、
好きなときに、好きな写真や画像を、瞬時に見つけることができるので、

Shutterstockに慣れてしまうと、
フリー素材サイトで写真を探すなんて馬鹿らしいと思うかもしれませんね。

そのぐらい、凄まじい数の高品質な素材を揃えているのがShutterstockなんです。

なぜ、Shutterstockを使うべきなのか?

最近になって、フリー素材サイトの写真を使って、トラブルに巻き込まれるケースが急増。
そして、最悪の場合、訴訟になって、かなりの賠償を請求される事態が次々に発生しています。

なぜ、そうなってしまうのかというと、フリー素材サイトのなかに、
著作権を放棄していないヤバい素材がかなり紛れ込んでいるからなんですね。

当然、知らずにそういったヤバい素材を使ったとしても、訴えられるのは
写真を掲載していたフリー素材サイトではなく、写真を使ったあなたになります。

また、商用利用が可能だとサイトで謳っているのに、
写真によっては商用利用が禁止されていることもよくあります。

商用利用が禁止されているものを使ってしまえば、権利侵害に該当するので、
該当する写真を使ったあなたが訴えられることになってしまうんですね。

しかも、著作権違反は、法改正によってかなりの重罪になったので、
このように考えると、フリー素材を使うということはリスクでしかないというのが実態です。

何十万、何百万というPVを狙えるオウンドメディアを立ち上げようと思っていたり、
オウンドメディアやブログで集客を考えているのであれば、
悪いことは言わないので、フリー素材サイトを使うのは絶対にやめてください。

私もいくつかサイトを運営していますが、フリー素材を一切使っていません。

訴訟やトラブルといったリスクを避けて、安心してビジネスに取り組むために、
Shutterstockと契約して、写真や画像については全部Shutterstockから仕入れています。

著作権侵害については、法改正される前とはまったく異なり、
「気づかなかった」「知らなかった」では済まない事態になっているので、
あなたにもShutterstockと契約することを強くおすすめします。

Shutterstockの契約プランについて

Shutterstockのプランには、年間契約プラン、月極プラン、単発プロジェクトの3つになりますが、
もうこれは一目瞭然だと思いますが、単発プロジェクトの単価めちゃくちゃ高いんですね。



写真や画像1枚で1,200円は、かなり高い価格です。

しかし、年間契約プランの月に画像を750点ダウンロードできるプランを見てみてください。
なんと、1枚当たりの価格が33円なんですね。

1,200円と33円、どちらがお得なのかはもうわかりますよね。

私は、オウンドメディアやブログを複数運用しているので、
画像750点の年間契約をしています。

これだと、画像が安いというのも魅力ですが、何より画像選びに困ることがまったくないんですね。

だって、月に750点もダウンロードできるわけですから(笑)

とは言っても、月当たりの料金はそれなりに高いので、
750点プランではなく、月350点プランでもよいと思います。

ただし、単発プロジェクトはあまりにも単価が高すぎるので避けた方がよいでしょう。

Shutterstockを利用して得られたメリット

私は、Shutterstockの年間契約の月750点プランを利用しているのですが、
フリー素材サイトからShutterstockから乗り換えて、本当によかったなと日々実感しています。

仕事の効率化からリスクの回避など、いいこと尽くめでした。

(1)素材選びに困らなくなる

Shutterstockは、現時点で2億点近い写真や画像が登録されています。
これだけ膨大な数の素材があれば、素材選びに困ることはありません。

フリー素材サイトでは、素材の登録数が少なく、イメージ通りのものがなかったりして
複数のフリー素材サイトを調べなければならず、かなり時間がかかっていました。

本来は、コンテンツをつくることが第一なのに、
素材探しを優先するという本末転倒な事態になっていて悩んでいたのですが、

Shutterstockのサイトで検索すれば、イメージに合う素材を
簡単に見つけることができるので、仕事の効率化をはかることができました。

(2)画像が高品質なのでブログのレベルがあがる

記事にはアイキャッチ画像をつけるのが当たり前になりましたが
アイキャッチ画像の質で、ブログの質までも決まってしまうんですね。

洗練されていない写真がダサい構図の写真、デザインがダメダメの画像などを使うと、
どんなによいコンテンツをつくっても写真や画像が足を引っ張って評価が下がってしまいます。

Shutterstockに登録されている写真や画像は、
世界のプロたちが作った一流のものばかりなので、品質については間違いありません。

Shutterstockの写真や画像を使うだけで、ブログのレベルもあがることになるので
フリー素材サイトの写真を使っているライバルに対して大きなアドバンテージになるでしょう。

(3)アイコンやイラストなどのベクター素材も充実している

Shutterstockは、写真だけではなく、アイコンやイラストなどのベクター素材も充実しています。

検索してもらえばわかりますが、イラストのレベルもフリー素材サイトのものとは雲梯の差があります。

アイキャッチ画像やサイトのデザイン、またプレゼンテーションなどで、
アイコンやイラストを使うのであれば、絶対にShutterstockで素材を探すべきでしょう。

優れたデザインのアイコンやイラストが見つかるので、
使うだけで見ている人の心を惹きつけることごができます。

(4)訴訟リスクを心配せずに素材を使うことが可能

Shutterstockは、法的な問題をすべてクリアしており、全ての素材について使用することが可能。

これは、数十万、数百万というアクセスを集める
オウンドメディアを構築していくうえで極めて大事なことだと思います。

フリー素材サイトでは、権利関係が曖昧で、サイトに商用利用可能と書いてあっても、
素材によって異なっているので、安心して使うことができません。

なので、これからの時代はShutterstockのように権利関係がクリアになっている
素材販売会社との契約、有料素材の利用はもはや避けられないでしょう。

最後に

Shutterstockとの契約は、これからの時代、必須だと言えるでしょう。

「フリー素材を使っているけど、トラブルになったことは一度もない」

とこうことで、フリー素材を使い続ける人もたくさんいるのですが、

リスクというのは、予兆もなく突然やってくるものなんですね。

「今まで何もなかったから、今後も何もないだろう」

というのは希望的に観測に過ぎません。あまりにもリスクに対して無防備過ぎます。

実際、フリー素材を使ったことでのトラブルは数多く起きていて、
検索すればたくさんのようにそういった話を見ることができます。

日本では、著作権違反は重罪です。「知らなかった」では済まないんですね。
訴訟リスクを回避するためにもShutterstockの利用をおすすめします。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 「フリー素材で著作権違反等の訴訟リスクを避けるために気をつけるべきこと」という記事でもお話し…
  2. ビジネスで成功したければ、指導してくれる先生、いわゆるメンターをかならずつけてください。ビジ…
  3. こんにちは、島倉です。最近のプロダクトローンチがひどいですね。あなたも見たことがある…

PAGE TOP