ポストコロナ時代に勝ち続ける人、負けて消える人

人生戦略

新型コロナによって在宅勤務、リモートワークを取り入れる企業が急増。
各社が在宅勤務定着化に向けて社内制度の見直しを始めました。

現在行われている制度改正は

ジョブ型への移行
在宅専従人材の採用(出社義務のない在宅で仕事をする人を採用する)
在宅勤務手当飲み直し(在宅勤務で発生する経費を補助する)

などがありますが、なかでも最大のポイントはジョブ型への移行。

ジョブ型とは、欧米型の雇用形態で
職務内容を明確にして、最適な人材を充てていくという雇用システムのこと。

日本は、新卒を一括採用して、社内教育で人を育てる
メンバーシップ型を採用してきましたが、

在宅勤務の普及でメンバーシップ型からジョブ型へ
移行する企業が増えていくでしょう。

つまり、ポストコロナ時代は、求められる人材、
評価される人材が確実に変わっていくということです。

この変化を正しく理解しなければ、
ポストコロナ時代に、勝ち続けることはできません。

ジョブ型の本質は成果主義


従来のメンバーシップ型からジョブ型への移行の本質は何かというと、

それは、評価、報酬体系が、成果主義に切り替わるということです。

新卒一括採用、年功序列、終身雇用によるメンバーシップ型の組織では、

場を盛り上げる会社人間や職場に長時間いるだけの人が評価されてきました。

また、仕事をしているかしていないかよくわからないが
管理職ということで高い報酬を得てきた人たちがいました。

が、そういった人たちはジョブ型への移行で完全に排除されます。

職種の内容、目標、評価体系が明確にされるので、
会社人間や役割の曖昧な管理職は一掃されるわけです。

結果や数字で評価されるようになるので
実力のない人はもはや組織にいることはできなくなるでしょう。

ポストコロナ時代に勝ち残るための条件


今後、ポストコロナ時代、
日本は、ギグエコノミーや独立、企業が当たり前になります。

組織には、わずかな幹部候補となる社員だけで、
後は、知識、技術、経験、実績を持った人がプロジェクトごとに参集して
仕事をしていくスタイルに変わっていくでしょう。

つまり、何の特徴もない人は、就職はおろか、
起業しても生き残ることはできないということです。

どこにでもいる在り来たりの人は
ポストコロナ時代に勝ち残ることはできません。

組織からも市場からも消えていくことになるでしょう。

成果主義の時代に勝ち続けるには、
他の人とは違う知識、経験、技術、実績を持つことが絶対に大事。

他の人とは違う、キラリと光る何かがある人になる必要があります。

ひとつの道だけを極めようとするな!


では、そういった人にどうすればなれるのでしょうか。

お勧めは、3つの分野で専門性を持つことです。

従来はひとつの道を極めたプロであれば生きて行けたのですが、
これからの時代はひとつの道を極めただけでは生き残ることはできません。

英語が話せる人は山ほどいる。
資格を持っている人も腐るほどいる。
特殊な経験をした人もたくさんいる。

要は、ひとつの道を極めている人は
もうすでに有り余るほどいるわけです。

が、3つの分野を極めた人はそれほど多くはいません。

例えば、英語を話せる人はたくさんいますが、

英語が話せて、ヨガを指導できて、ダンスができる。そういった人は極め少ない。

なので、3つの分野でプロを目指して
その3つの能力を掛け合わせることで唯一無二の存在になりましょう!

100万人に1人の逸材になれば食いっぱぐれることはなくなる!


3つの分野でプロを目指すというと、
難しいという印象がありますが、構える必要がありません。

ひとつの分野を極める基準としては、100人のうちの1位になる程度で大丈夫。

それならできますよね。

そして、3つの分野で100人に1位の人になれれば、

100×100×100=100万人に1人の逸材になれるわけです。

そうなれば、ポストコロナ時代、何があっても食いっぱぐれることはないでしょう。

ギグワークや起業が当たり前になるなかで、
何の特徴や特技もない会社人間では生き残ることはできません。

その他大勢とは違う特徴を持つために
3つの分野で100人に1位を目指してください。

島倉大輔島倉大輔

島倉大輔

経営コンサルタント。就職人気ランキングトップ企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」と信条にコンサルティングを開始。各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

島倉大輔島倉大輔

島倉大輔

経営コンサルタント。株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役。就職人気ランキングトップ企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」と信条にコンサルティングを開始。各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。博士(学術)。

ランキング

  1. 1

    マネーの虎で抱き枕をプレゼンして批判されたチャンコ増田氏から学ぶ!起業して成功する要因とは!?

  2. 2

    初期投資がかからない初心者でも稼げるビジネス8選

  3. 3

    元銀行員が、白いたい焼きのフランチャイズで脱サラ。最終的に、借金2,820万円を抱えて、家族が離散した話

  4. 4

    稼いでいる人に共通して見られる9つの特長~メンタークラブで年収1億円を実現した人たちの共通点

  5. 5

    ビジネスで成功したければ、酒と女を徹底して排除しろ!

TOP