見込み客の声を盲目的に信じてはいけない!

見込み客が抱えている問題、悩みを解決するために
商品やサービスを提供する。

それが、ビジネスですよね。

なので、見込み客の声を聞こう!
見込み客を知ることが大事!!ということが言われているのですが、

実はそれは半分は嘘。

もちろん、見込み客の声を聞くことは大事なことで
全否定はしませんが

恐らくそれをしたとしても
ぜいぜい年収1000万円止まりで終わるでしょう。

なぜなら、もっと大事なことがあるからです。

見込み客の声を馬鹿正直に聞いても売れるわけではない


見込み客に対して、

「あなたは、今、どんなことに困っていますか?」
「あなたが、現在、欲しいモノは何ですか?」

と質問します。

恐らく、何かしらの答えが返ってくるでしょう。

そして、その見込み客の声を信じて
見込み客の望んでいる商品やサービスを用意したとします。

で、実際、その商品やサービスを見込み客にみせたときに、

確かに、見込み客は、

その商品は素晴らしいですね、
おもしろいですね、と言ってくれるでしょう。

が、いざ、購入という段階で、大抵断られます。

つまり、見込み客の声を馬鹿正直に聞いても
売る段階でばっさり断られることがほとんどだということです。

見込み客が発する言葉は本音とは限らない!


見込み客が口から発する言葉、
アンケートに書く回答は、本音ばかりではありません。

体裁を繕うための回答。
その場の雰囲気で答えた回答。
気分が盛り上がっていたときに書いた回答。

であって、全部が本音ではありません。

なので、見込み客の声を馬鹿正直に信じるは愚の骨頂。

もちろん、見込み客の声を聞こうとすること、
見込み客を知ろうとすることは大事なことなので、
ぜひそれはやってください。

が、100パーセント信じるのは愚かだということです。

年収1000万円以上を狙うためにココを意識しよう!


商品が欲しいという段階と
商品を買うという段階では
大きな隔たりがあるわけです。

わたしもそういう経験があるのですが、
好きなブランドの洋服を欲しいと思っても、

いざ、買うとなったときに、あれこれ考えて
結局断るということが結構あります。

つまり、欲しいという段階から
次のステップである買うという段階に移行するには

何か強力な一押しが必要なわけです。

なので、年収1000万円以上を超えたければ、
その強力な一押しが何かを突き詰めてください。

見込み客の声は大事なのですが、
実際に見込み客が購入したその事実の方がはるかに大事。

見込み客の言葉やアンケートの回答だけでなく、

見込み客が買ってくれたという事実、
そこに隠れている購買を決断した理由について注目してください。

島倉大輔プロフィール

島倉大輔 経営コンサルタント 博士(学術)

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. ビジネスを始めても、なかなかうまくいかないという人が見落としているポイントがあります。そ…
  2. 副業やビジネスを始めてしばらく経つのに、思ったように稼げないという声をよく聞きます。では、副…
  3. 断捨離というと、不用品を処分するというイメージが強いですね。でも、ビジネスで成功したければ、…

PAGE TOP