行動できない「重傷」の方への効果的な処方箋

目標が明確で、やるべきことが具体化されているのに
行動できない人が少なくありません。

何をやっていいかわからないと
悩んでいる人と比べてかなり重傷ですね。

わたしのところにも、その手の相談が寄せられるのですが
そういった人は大事な視点が欠けています。

そこで、今回は、目標ややるべきことが明確になっているのに
行動できない人に向けてアドバイスをしたいと思います。

行動できない最大の原因とは!?


目標が明確にあって、やるべきこともはっきりしている。

なのに、行動できないという人は、
間違いなく、やる気がないだけです(笑)

そういってしまうと身も蓋もないのですが、

もうちょっと違う言い方をすると、
やろうとしていることにワクワクしていないからなんですね。

絶対にこの目標を達成したい!!

誰かに止められてもこれだけはやりたい!!

いやもうやりたくて仕方がない!!!!

という状態であれば、自然に行動できますよね。

が、そういった状態になっていないということは、
目標、またはやるべきこと自体にワクワクを感じていないんだと思います。

はっきり言って、ワクワクを感じないのであれば、
思い切ってその目標は捨ててください。

義務感、やらされ感で、いい仕事ができるはずがありません。
嫌々、ダラダラやって結果がでるはずがありません。

なので、思い切ってその目標を捨てる。
もっとワクワクできる、心の底から燃え上がれる目標に変えましょう!

行動計画をもう一度見直そう!


もうひとつは、ワクワク感があっても、

やったことが目標実現につながらなければ、
遅かれ早かれワクワク感が萎んでしまいます。

なので、目標を実現するための行動計画が
本当にやったら目標を実現できるのかをチェックしてください。

やったことが結果につながらなければ
誰でもあってもやる気を維持するのは困難です。

早期に結果につながる行動。
中長期に渡ってやるべき行動。

を切り分けて、行動計画を見直してください。

結果を最大化するために目標を再設定を!


自分が本当にやりたいと思うから行動できる。

なので、自分のなかにあるワクワク感を再確認してください。

やりたくないこと、仕方がないからやる。
義務感、やらされ感でダラダラやる。

という状態では、行動できません。行動し続けることができません。

そして、結果もでません。

結果を最大化するために、
周りの人からとめられてでもやりたいと思えるような
内心からワクワクしてくる目標を再設定してください。

島倉大輔プロフィール

島倉大輔 経営コンサルタント 博士(学術)

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. こんにちは、島倉です。何かとメディアで話題になっている和田京子さんをご存知ですか?…
  2. 昨年、老後2000万円問題がありました。老後2000万円問題とは、老後に夫婦二人で生活して…
  3. DHMO(Dihydrogen Monoxide:ジヒドロゲンモノオキシド)という危険な液体をご…

PAGE TOP