フェイスブックはおっさん、おばさんだらけの中高年メディアである!

振り返ってみると、フェイスブックを始めて9年。

もう少しで10年経とうとしています。

次々にいろいろなSNSが誕生するなかで
フェイスブックはもう古株の部類と言ってよいでしょう。

恐らく、あなたはフェイスブックを
集客の媒体として使っていると思います。

もちろん、わたしもそうなのですが、

考えてみてください。

フェイスブックはもはや相当古いSNSだということを。

フェイスブックは、おっさん、おばさん向けSNSである


もちろん、フェイスブックはもう役に立たないとか
使えないということを言うつもりはありませんが、

ただ、数あるSNSのなかでもかなり古い媒体。

当然、10年近く経てば、ユーザーも年をとってくるわけです。

実際、フェイスブックのメインユーザーは40代以上。

おっさん、おばさんだらけの中高年向けメディアだということです。

若い人たちで、フェイスブックを使っている人は少数。
アカウントすらとっていない人の方が多いでしょう。

そのぐらい古いメディアだということです。

そして、若い人たちは、
もうそういった古いSNSには存在しないということです。

フェイスブックのコミュニケーションスタイルは他のSNSでは通用しない!


若い人たちが使っている、
TikTokやインスタのような新しいSNS。

さらにはライブ中心のPocochaや17Live、
SHOWROOMといったライブ中心のSNS。

そういった新しいSNSで行われいるコミュニケーションは、
フェイスブックで行われいるものとまったく異なります。

なので、フェイスブックばかり使っている人は
異世界に放り込まれたかのように、戸惑うでしょう。

が、今後、10代、20代といった若い層を狙うのであれば
フェイスブックに固執し過ぎるのは余りにも危険。

ビジネスでフェイスブックが使えないとは思いませんが、
今後、若い人たちにアプローチしたいのであれば、

若い人たちが使っている新しいSNSにチャレンジしてください。

もう一度ビジネスモデルの再確認を!


マーケティングで大事なのは、
見込み客がどこにいるのかということ。

つまり、見込み客が見ている場所、媒体で勝負しなければ

いくらお金や時間をつぎ込んでも、
宣伝、アピールにはなりません。

無意識に何気なくフェイスブックを使っているのであれば、

自分のビジネスの見込み客は誰なのか。
そして、その見込み客はどこにいるのか、を再確認してみてください。

島倉大輔プロフィール

島倉大輔 経営コンサルタント 博士(学術)

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 「自己投資は、失敗のない最高の投資である」「だからこそ、ビジネスで成功するには、積極的な自…
  2. コンサルをしていて、経営者の方からよく聞くのが「ウチは田舎だから無理!」という言葉…
  3. 東京商工リサーチの調査によると理容業、美容業の倒産が、過去30年で最多を記録した。小資本で…

PAGE TOP