景気が悪いときに、値下げ以外の方法で売上を伸ばす方法

景気が悪くなると、消費マインドが悪化するので、
少しでもお得なものをという気持ちが強くなります。

結果、価格の安い商品を求める人が増えるのですが、

じゃあ、安くすれば売れるからといって、
安易に値下げに走ってしまうのは危険です。

価格を安くすれば、安くした分、利益が減ってしまうので、
薄利多売をしなければいけなくなります。

景気が悪いときに安いものが売れるといっても、
たくさんの数がかならずしも売れるわけではないので、
結局、安くしても利益がでなくなるという最悪の結果に陥ってしまうでしょう。

では、景気が悪いときに、どうすれば売れるようになるでしょうか。

特典でお得感を演出する


ひとつは、特典をつけて、お得感を演出する方法です。

テレショップでも同じののやり方で
何かを買ったら、何かがついてくる、といった古典的なやり方ですが、

不景気のときこそ、やはりこういった
古くからやられている方法が効くんですね。

参考にすべきなのがジャパネットたかた。

ダイソンのコードレス掃除機を今購入していただけたら、
フトンツール、ハードブラシ、隙間ノズル、コンビネーションノズルなど、
メーカー販売価格9900円分が全部ついてくる!!

と言われたら、めちゃくちゃお得感がありますよね。

お馴染みのケルヒャーの高圧洗浄機も

高圧ホース、トリガーガン、バリオスプレーランス、
サイクロンジェットノズル、ウォッシュブラシ、フォームノズル、
蛇口アダプター、自吸・水道兼用ホースなどが全部ついてくる!

わけですから、超お得感があるので、買う人が後を絶たないわけです。

売れない時代にお得感の演出は超重要で、
数が多ければ多いほど反響は高まるので、

どういった特典がつけられるかを考えてみてください。

ひとつの商品で二度美味しい商品を用意する


もうひとつは、ひとつの商品で二度美味しいと思える商品です。

例えば、リバーシブルのコートってありますよね。

裏返しにして別のデザインが楽しめるコートですが、
リバーシブルのコートは、ひとつのコートで、
2つのコートを買った気持ちになれるので、お得感があります。

他にも、

英会話を学びながらヨガを楽しめる英会話教室。

パソコンを習いながら仲間をつくることができるパソコン教室。

キャンプをしながら、婚活できる婚活イベント。

などがありますが、二度楽しめるのはコスパがいいので、
景気が悪くても、売れるわけです。

だからこそ、ひつまぶしのように、

普通に食べてもおいしい、お茶漬けにしてもおいしいといった
ひとつの商品で二度美味しいと思える商品を用意してください。

やみくもに新商品の開発に走ってはいけない!


売れないときには新商品だ!!!!!

ということで、やみくもに商品を開発しようとするよりも、
お得感をどうやったら演出するかという視点で考えた方が

売れる商品に出会える確率があがるので、

何を特典にしたらいいのか。
二度楽しめる商品とは何か。

という視点で商品づくりをしてください。

新商品といっても、かならずしも新しい商品を用意する必要はなく、
既存の商品の見せ方を変えるだけでも、売れる商品をつくることができます。

例えば、旅館を経営していて、新鮮な魚貝料理がウリであるのであれば、
お客に魚を釣ってもらうというイベントを入れることで、

自分の釣った魚を、その場でさばいて、夕食や朝食にだしてもらえる旅館

という見せ方をすれば、二度美味しい旅館ということで注目されるはずです。

見せ方をちょっと変えるだけで売れるようになるので、
この機会にご自身のビジネスを見直してみてください。

島倉大輔プロフィール

島倉大輔 経営コンサルタント 博士(学術)

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 普段、生活をしていれば、誰もが不安に襲われるということはよくあること。自分でビジネスをしているの…
  2. 最近、アフィリエイトについてのお問い合わせが増えています。在宅でできて、費用をほとんどかけず…
  3. アフィリエイトのなかでも、報酬額が大きいのが情報商材アフィリエイトです。例えば、30万円の情…

PAGE TOP