自分ファーストで生きていこう!

最近、コンサルティングでいろいろな方とお話をしていると、
自分らしさを失っているなと思う人が増えているように感じます。

仕事が忙し過ぎて、自分の時間がもてない。
頑張っているのに、結果がでない。
生きていても、何一ついいことがない。

といった感じで、悩みを抱えていて、心ここにあらずの状態。

失礼かもしれませんが、死んだ魚の目をしているんですよね。

そういった人は、大抵、ガンバり屋で、努力家、そして超真面目。

なのに、頑張っていることが空回りしているのが
端から見ていてもわかるので、見ていて辛くなります。

わたしは、そういった人に対して、

もっと自分ファーストで考えるべきだ!!
他人のために生きるな!自分のために生きよう!

ということをアドバイスしています。

では、実際にどうやったら自分ファーストで生きられるのでしょうか。

今回は、自分を大事にして生きていくために、
今すぐにやめるべきこと5選についてお話したいと思います。

嫌な人と付き合うのをやめる


嫌な人であっても、無理してお付き合いする人がいます。

ビジネスでも、普段の生活でも、相手から嫌われたくないので、
八方美人に振る舞って、いい顔をしようとする、愛想を振りまいても、

疲れるだけで、1ミリも自分のためにはなりません。

今こそ、嫌な人と付き合うのをやめる、関係を断ち切る勇気を持ってください。

嫌な人と無理してお付き合いしても、精神がすり減って、疲れるだけです。

何のためにビジネスをしていのか、
何のために生きているのか、わからなくなってしまいます。

百害あって一利なしなので、嫌な人との関係を断ち切ってください。

そして、おもしろいことに、
嫌な人との関係を終わらせると、新し出会いが生まれるんですね。

引き寄せの法則が働いて、人生が勝手に好転していくので、
嫌な人とは無理してお付き合いしないことを意識してください。

苦手を克服するのをやめる


子供のときから、苦手なものは克服すべきだ、
苦手なものは、できるようになるまでトレーニングすべきだ、と教えられてきましたが、

はっきり言って、それは大嘘で、実際に苦手なものがない大人なんて一人もいません。
いや、むしろ、苦手なものがたくさんある人の方が普通でしょう。

人には、長所と短所がありますが、
長所はその人の魅力なので、長所は伸ばせるだけ伸ばせばいい。

短所は長所とは違う個性になる、その人の魅力になるんですね。

短所は愛されポイントと言うべきもので
あんなすごい人でも、これは苦手なんだということで
他の人から受け入れてもらいやすくなるわけです。

パーフェクトな人間なんて、ひとりもいません。

頭がよくても、性格がねじまがっている人がいる。
イケメンでも、頭が悪くて、浪費癖のある人がいる。
美人でも、足が臭い人がいる。

完璧な人間なんてどこにもいないということです。

なので、苦手なものを克服しようとするのではなく、
長所を伸ばすことだけを考えてください!

無理に友達をつくろうとするのをやめる


苦手を克服しなければならないと同様に、
友達をつくらなければならないというのも、学校教育で叩き混まれたことですが、
はっきり言って、大嘘。とんでもない勘違いです。

友達づくりを全否定はしませんが、
お互いを高め合えない友達は不要。

友達をたくさんつくろうとすれば、烏合の衆にしかならないので、
友達は数ではなく質。厳選してお付き合いすべきです。

そして、友達がたくさんいると、自分ファーストにはなれません。

友達が多いと、時間をとられてしまうので、自分のことが疎かになってしまうからです。

なので、起業して、異業種交流会やオンラインサロンに入会するのは、馬鹿げています。
運営者の養分になっていることに気づかず、自分の時間を失っているだけです。

自分ファーストを実現するには、自分の時間を確保することが大事。

なので、無駄に交流を広げて、友達を増やさないようにしましょう。

過去の失敗を隠すのをやめる


失敗ははずかしいことで、誰かにばれたら軽蔑されると思い込んで、
自分ひとりで抱え込もうとする人がいますが、むしろそれは逆。

失敗とは、自分が挑戦してきたことの証なので、
誇りを持ってオープンにしてください。

失敗は恥ずかしいことではありません。
失敗は頑張って生きている勲章です。

そして、失敗こそが自分の魅力になります。
だからこそ、失敗を隠そうとするのはやめましょう。

同窓会に参加するのをやめる


同窓会に行って嫌な思いをした。
行くべきではなかったといって悶々とする人がいますが、

そもそも、同窓会とはそうものです。

同窓会とはリア充が集まって、マウントをとりあう場です。

起業して成功したとか、大手に勤めていて出世したとか、
高級車を買ったので見せびらかしにきたとか、
イケメン、美人と結婚したとか、子供が有名大学に合格したなど。

馬鹿な大人の自慢大会の場なので、
自信を失っているときは参加しない方がいいでしょう。

そして、イジメられた経験や不快になる経験をした人にとっては
同窓会は昔の嫌だった出来事を思い出すスイッチになるだけです。

また、同窓会で保険の勧誘をされたとか、
マルチや新興宗教の勧誘をされたという話は普通にあるので、
無理に同窓会に参加する必要はありません。

同窓会に出席して、過去の話で盛り上がってもいいのですが、
大事なのは今です。今が輝いているのであればそれでいい。

なので、同窓会にあまり固執しないてください。

島倉大輔プロフィール

島倉大輔 経営コンサルタント 博士(学術)

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 世の中の大半の経営者、または起業家は勉強していません。なので、勉強さえすればほぼ勝てると言…
  2. 業績が伸び悩んでいる大塚家具ですが、現社長である大塚久美子さんのお父さんである匠大塚社長…
  3. ビジネスには、結果を出すためのノウハウやテクニックがたくさんありますが、セミナーでノウハウやテクニ…

PAGE TOP