社長が知らない驚愕の真実!「商品の質をあげればあげるほど、売れなくなる!」

「めちゃくちゃいい商品なのに、なぜ売れないのだろう。」

「原価が高いのに、なぜウチが選ばれないのか。」

「ウチよりもしょぼいのに、どうして売れているんだ!?」

と思ったことありませんか!?

こういったことは本当によくある話で、

売るためには原価率をあげて、商品の質をあげることが必要だと
考えている人がとても多いのですが、それは大きな間違いです。

実は、商品の質をあげればあげるほど、売れなくなるんです。

嘘だろ!?と思うかもしれませんが、これが真実です。

では、なぜ、商品の質をあげればあげるほど、売れなくなるのでしょうか。

なぜ、商品の質をあげればあげるほど、売れなくなるのか?


商品の質をあげればあげるほど、売れなくなるのは、

単純な話、商品の質をあげる努力をしている間に
競合、ライバルにお客をとられてしまうからです。

商品の質をあげれば、満足度があがる。だから売れる!!

と思って、商品の質向上に時間とお金をかけている間に、
頭のいいライバルは、売ることに全力投球するわけです。

商品の質をあげることに努力しているということは、
売ることをサボっていることになるので、

結果、競合にお客をとられてしまうんですね。

例えば、今、昔ながらの理容店が苦戦していますが、

それは、カットやシャンプー以外のサービスを加えて
サービスの質を向上させる努力ばかりして、

売るための努力を怠ったからです。

なので、1000円カット店に負けてしまったわけです。

もちろん、昔ながらの理容店のニーズが消えるわけではありませんが、
お客のニーズがどのように変化したのかは明白ですよね。

当然、お客のニーズの変化に対応していく=売る努力をすることが大事。

求められていない過剰サービスに時間やお金を投入しても
売れることはないので注意してください。

商品の価値を決めるのは売り手ではなく、買い手のお客である


競合、ライバルの商品やサービスを見ると、

「ウチの商品の方ががはるかに勝っている!」

「ウチの方が技術力が高い!!」

と思ってしまうのですが、それは売る側の勝手な判断。

最終的に、商品の価値を決めるのは売り手ではなく買い手=お客です。

商品やサービスの質を向上するのって、安心感が得られるんですよね。

質向上の努力をしているときは、やっている感、満足感を得られる。
そして、質が向上したので、勝手に売れると思いこんでしまう。

まさにこれこそが罠なんです。

繰り返しますが、商品の価値を決めるのはお客。

あなたではありません!

商品の質が勝っていると思うのは勝手な思い込みで

余計な機能、余計なサービスに、
お客がうんざりしているかもしれないのでご注意を。

社長の仕事は、マーケティングだ!


現時点で、あなたが売っている商品、サービスのレベルが
競合、ライバルのものよりも上なのであれば、

商品の質をあげることにあまり意味がありません。

もし売れないのであれば、別の原因があるので、そちらを検討してください。

ぶっちゃけ、商品の質が低かったとしても、
満足しているお客はもうすでにいるので、

売れないのは、別のところに原因があるはずです。

以前は、商品の質がよければ、それだけで売れました。

が、現在は、同じような商品、サービスが乱立していて、
どの商品が本当によいものなのか、ぱっと見ではわかりません。

だからこそ、商品の質をあげるのではなく、
商品の質のよさを訴求していくことに力を入れてください。

社長がやるべき仕事は、商品の質をあげることではありません。

社長の仕事は、マーケティング。
売る努力をすることなので、間違わないでくださいね。

島倉大輔プロフィール

島倉大輔 経営コンサルタント 博士(学術)

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 「ビジネスは行動することでしか結果はでない。だから行動しよう!」という話をよく聞きますが、そ…
  2. 見込み客が抱えている問題、悩みを解決するために商品やサービスを提供する。それが、ビジネス…
  3. 大手企業では回復の兆候が見られますが、中小零細企業や地方ではいまだに深刻な状況です。このよう…

PAGE TOP