絶対にメンターをつけるべき人とは?

ビジネス

ビジネスで成功したければ、指導してくれる先生、いわゆるメンターをかならずつけてください。

ビジネスになると自己流で始める人がいるのですが、絶対にうまくいきません。

なぜなら、勉強でも、スポーツでも、趣味の世界でも、
師匠、コーチ、助言者、先生といった先生がいて、そういった人から学ぶことで
結果を出せるようになるんですね。

自分勝手にやってうまくいくなんてことは、あり得ない話なんです。

どのような分野、どのようなジャンルのものでも、基本があります。基本となる型があります。
その基本をしっかりと学んで、忠実に実行することが、結果を出すための近道です。

なので、勉強やスポーツの世界と同じで、ビジネスで成功するには、メンターが必要なんですね。

そこで、今回は、ビジネスで成功するためにメンターが必要な本質的な理由について解説します。

他燃の人は絶対にメンターをつけるべきである

先ほども言ったように、メンターとはビジネスの基本となる型を教えてくれる人です。

しかし、型だけを教えるだけであれば、教材でもいいですよね。

メンターは、教材のような無機質なものとは違い、次のようなサポートしてくれます。

  • ビジネスで成功する型を、生徒に合わせた形にカスタマイズして教えてくれる。
  • 戦略や知識、ノウハウだけでなく、成功するために必要な考え方や思考を伝えてくれる。
  • 随時、報告を受けて、軌道修正してくれる。
  • 適時、壁にぶつかった時点で、適切なアドバイスをしてくれる。
  • やる気が落ちている場合、叱咤激励して、前進できるようにサポートしてくれる。

このようなサポートをしてくれるのがメンターなんですね。

ビジネスでも、勉強でも、スポーツでも、結果を求められる分野ほど、
高い基準値を高いレベルでの実践を求められます。

しかし、どうしても心のなかに弱さがあると、自分ひとりでやっていては
途中で心が折れて、挫折してしまう恐れがあるんですよね。

なので、どうしても自分ひとりでやり抜くことに自信が持てない人は、
絶対にメンターをつけるべきでしょう。

人間には、

  • 自燃(自分で積極的に学び、行動できる人)
  • 他燃(他人からのサポートがなければ行動できない人)
  • 不燃(何を言われても行動できない人)

に分かれるとされていて、比率で言うと、1:7:2だと言われています。

全体の1割に相当する自燃の人であれば、放っておいても成功するのですが、
圧倒的に多い7割にあたる他燃の人であれば、絶対にメンターのサポートが必要になるでしょう。

あなたは、どのタイプの人間でしょうか。

もし、あなたが、他燃のタイプであれば、自己流をやめてすぐにメンターをつけてください。

メンターをつけるべき本質的な3つの理由

さて、先ほど、他燃の人こそメンターをつけるべきであるとお伝えしましたが、
自燃の人でも、知識やノウハウを体系的に学ぶために、最初はメンターが必要になります。

では、もう少し詳しくメンターが必要な本質的な理由について見ていきましょう。

(1)ビジネスは孤独である

社長は孤独な存在であるとよく言われていますが、まさにその通りなんですね。

本当に社長は孤独なんです。

サラリーマンのときは、上司や同僚、部下がいましたよね。
もちろんそういった上下関係やチーム内での人間関係が煩わしいという意見もあるでしょう。

しかし、自分でビジネスを始めると、そういった煩わしさすら感じることができません。

例えば、自宅でビジネスをするのであれば、昼間から独りぼっちです。
寂しさのあまり、昼から報道番組やドラマの再放送などを見てしまう人もいるんですよね

恐らく、社会人になってはじめて経験する寂しさかもしれません。

そのぐらい孤独なんです。

そして、ビジネスに集中できなかったり、やる気が失せてしまうがちなんですね。
だからこそ、メンターからのサポートが必要になるわけです。

ちなみに、夫婦でビジネスを始める場合、大抵パートナーはサポートしてくれません。
どちらかが足を引っ張る存在になる傾向が強いので、そういった場合も
やはりメンターをつけて、中立な立場から適切な助言、アドバイスをもらうべきでしょう。

(2)ビジネスは始めやすいが挫折しやすい

ビジネスは、誰でもすぐに始められます。
会社を登記すればすぐに代表取締役社長になれるし、登記しなくても今すぐ始めることができます。

しかし、ビジネスが始めるのは簡単ですが、続けるのが難しいんですね。

大抵、挫折してしまうわけです。

特に、他燃の人は要注意。

どんなに決意してビジネスを始めても、その決意した想いは長続きしません。

  • 結果がでないと意気消沈してやる気を失ってしまう。
  • 言い訳を言い始めてビジネスに向き合わなくなる。
  • 夜のお店に通う、または愛人をつくるなどして現実逃避してしまう。

といったパターンに陥りがちです。

そうならないためにも、メンターをつけて、ペースメーカーとして活用すべきでしょう。

(3)ビジネスは技術や環境の変化が激しい

ご存知の通り、ネットやスマホが普及したことで、
技術や環境の変化がとても激しくなりました。

成長の速いイヌにとっての1年は人間の7年に相当するという意味である
ドッグイヤーという言葉がありますが、


ネットは完全にドッグイヤー状態ですね。

新しい技術、新しい手法、新しいツール、新しい媒体が、次々に誕生するなかで、

何をやるべきか、そして何をすべきでないかを見極めることが
時間とお金、労力を無駄にしないためにも大事になってきます。

そして、それは本物のプロでなければできないことなんですね。

なので、そういった技術や環境の変化が激しいなかで、
最速最短で結果を出すための方法を教えてもらうためにメンターが必要だと言えるでしょう。

また、こういった時代のなかで、自己流がいかに危険なのかがわかっていただけると思います。

まとめ

以上、ビジネスで成功するためにメンターが必要な本質的な理由について解説しました。

自分でゼロから知識やノウハウを探すよりも、
メンターから体系的に必要な知識やノウハウを教えてもらえば効率がよいですよね。

また、悩みや問題をすぐに相談できる安心感。

そして、軌道修正してくれる存在、やる気を奮い立たせてくれる存在というのは、
ビジネスをしていくうえでとても貴重ではないでしょうか。

ビジネスは孤独です。見えない明日に向かって不断の努力をしていかなければいけません。

そういった状況において、知識やノウハウだけでなく、メンタル、マインドの面から
支えてくれるメンターの存在は、ビジネスで成功するために必要不可欠だと言えるでしょう。

あなたも、そういったメンターと出会えることをお祈りしております。

なお、微力ですが、私自身も、メンターとしてビジネスの成長発展のご支援をしていますが、

ビジネスで成功するために必要な戦略やノウハウ、思考法、マインドセットなどを、
無料のメールマガジン、動画講座などで解説しているので、気になる方は見てみてくださいね。

島倉大輔島倉大輔

島倉大輔

経営コンサルタント。就職人気ランキングトップ企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」と信条にコンサルティングを開始。各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

島倉大輔島倉大輔

島倉大輔

経営コンサルタント。株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役。就職人気ランキングトップ企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」と信条にコンサルティングを開始。各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。博士(学術)。

ランキング

  1. 1

    マネーの虎で抱き枕をプレゼンして批判されたチャンコ増田氏から学ぶ!起業して成功する要因とは!?

  2. 2

    初期投資がかからない初心者でも稼げるビジネス8選

  3. 3

    元銀行員が、白いたい焼きのフランチャイズで脱サラ。最終的に、借金2,820万円を抱えて、家族が離散した話

  4. 4

    稼いでいる人に共通して見られる9つの特長~メンタークラブで年収1億円を実現した人たちの共通点

  5. 5

    ビジネスで成功したければ、酒と女を徹底して排除しろ!

TOP